レーザー脱毛って、どのくらい痛い?

よくいわれているのが、レーザー脱毛が痛い、ということ。
それを聞くだけで、なんだか施術も躊躇してしまいそうですよね。
よく例えられるのが、ゴムでパチッとはじかれたような感じの痛さだとか。
でも痛さって、ひとそれぞれ、部位でも感じ方が違います。例えば、ワキは全然痛くなかったのに足はすごい痛いとか、毛の生え方によっても痛みは変わってくるみたいです。
一般的な痛みが強い部位として、堂々の一位はやはりデリケートゾーン。
施術をはじめると、「イタッ!!」と思わず声をあげてしまうくらい、痛みは強く出やすい部位です。自己処理のしずらいところですし、多少の痛みは我慢してのりきりましょう。
次にひざ。地味な部位ですが、骨も近く、痛いです。足の施術をした人はみなさんこれをあげます。
次に痛いのは腕。毛が少ないのになぜー?というかんじです。ピリッと痛い。
次はワキ。脱毛部位人気ランキング堂々一位のワキですが、結構痛い部位でもあります。範囲は狭いのですが、やはりデリケートな肌の部分。多くの人がやっているにも関わらず痛みランキング上位ということはやはり痛いんです。
出力の強さで痛さは変えられます。どうしても耐えられないときは、出力を弱くして施術してもらうといいでしょう。ただし、出力が弱ければ、それだけ脱毛にかかる期間も長くなります。痛みにこらえて短期間で脱毛を遂げるか、無理なく時間がかかっても脱毛をつづけるかを選ぶのはあなたです。

関連記事